しかりべつ湖コタン奮闘記!

≫こば

屋根上げ

しかりべつ湖コタン開村にむけて、着々と作業が進んでおります。
写真は、コンサートホールとエントランスにあたる建物の屋根を作っている風景です。
huntouki20180112-1.jpg
まだまだ屋根は穴だらけです。
huntouki20180112-2.jpg
写真の奥の方から、少しずつ完成していきます。
huntouki20180112-3.jpg
やがて、屋根から出てる人が減り…。
huntouki201280112-4.jpg
奥の方はほぼ完成しました。
それと同時に、写真手前側の屋根も出来てきてますね。

少しずつ建物が完成していく様子もコマ送りで見てみると、面白いです!
コタン開村にむけて、まだまだ奮闘しますよ~
スポンサーサイト

メンテナンス

大自然の中にある氷の村は、日々変化してゆきます。
その中でも安心安全でお客さんが楽しめるよう、毎日のメンテナンスは欠かせません。

huntouki20170218.jpg

氷上露天風呂の階段で足が滑らないように、ハンマーで氷を叩いて落としています。

huntouki20170218-2.jpg

お風呂掃除も気持ちよく入るためには欠かせませんね。


huntouki20170218-3.jpg

コンサートホールでの音の響きをより良くするために、スピーカーの位置を微調整しています。

1シーズンに何回来ても楽しい、しかりべつ湖コタン!ぜひぜひお越しください。

雪のブロックの使い方

ここ数日の然別湖は少しずつ冷え込むようになってきました。その凍れを利用して、今日もひたすらブロックを作っています!
バケツリレーの要領でひたすらブロックを運び…
image1.jpg
作られたブロックを受け取り、型から外しています。
ブロックが抜けたときの嬉しそうな顔、いいですねぇ~ちなみにこれは僕です(笑)
image2.jpg
image3.jpg
そしてこのブロックは屋根をあげたり、壁や梁を作ったりといった建築材となります。
image4.jpg
image5.jpg
こんな感じで梁を作ります。
まだまだ年内の仕事も残っていますが、しかりべつ湖コタン開村にむけて、全力で皆さん頑張っております!!
image6.jpg
image7.jpg

日々変化する村


20160305funtouki1.jpg
平日はお客さんの入りが休日に比べて少なくなるので、村の至る所を補修する作業が多くなります。上の写真はアイスバーの壁が溶けてきたため、ペタペタとシャーベットを埋め込んでいるところです。

20160305funtouki.jpg
また、お客さんが少ない時を見計らって氷上露天風呂の掃除や、階段の氷を叩いて落とし、歩きやすいようにするといったメンテナンスも行います。
気象条件やお客さんの利用頻度で、毎日少しずつ変化する村ですが、しかりべつ湖コタンに来てくれたお客さんが、いつでも安心で楽しい思い出を作っていけるように、今日も頑張ります!

20160305funtouki2.jpg

本格始動!と思いきや…。

今年は雪が少ない上に、気温も例年より暖かいため、雪の状態が悪く、なかなか本格的なコタン作業ができず、スタッフはうずうずしております。
雪で壁を作る準備や、水道設備の構築、木材と道具の運搬など、雪が降ったら、よーいドンでスタートが出来る準備を着々と進める日々が続いています。
写真は、1つ前の記事で紹介されていたソリの滑りを良くするために、スリックボードを貼り付けて、カットを行なっている風景と完成したソリです!
20151214funntouki1.jpg

20151215funntouki3.jpg
また、本日から、アランことチョウさんがボランティアスタッフとして来てくれました!
日本語もぺらぺら!やる気も十分!ということで到着して早々、午後の仕事に取り組んでいました。
早く雪が降って、凍れがくることを願う毎日です!

20151215funntouki2.jpg

 | HOME | 

いままでの訪問者数:
現在の閲覧者数:

プロフィール

しかりべつ湖

Author:しかりべつ湖
1980年からスタートした
北海道しかりべつ湖の氷上イベント
制作・運営のイロイロを紹介するブログです。
ボランティア参加も随時募集中!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる