しかりべつ湖コタン奮闘記!

≫しんご

アザラシ館OPEN

村長のしんごです。

開村まで二週間を切り、アイスバーの屋根が今日完成して一安心。

高い足場の上で重たい雪のブロックを積んでいくのは、非常に大変です。

今年は足場と屋根の高さがうまい具合にいかず、窮屈な体勢でブロックを積むことに。

まっつに至っては、寝転がっての作業。
まっつには悪いですが、旭山動物園のアザラシ館のモグモグタイム。
huntouki20180115.jpg
おかげで、緊迫した作業現場が和みました。
スポンサーサイト

燃え尽きた村長

2017しかりべつ湖コタンが昨日無事終了しました。
今年は本当に全てが無事で、アイスバーは当然ですが
氷上の露天風呂やアイスロッジ、アイスチャペルまで溶けずに綺麗に残っています。
最終日までキャドルナイトが出来たのは驚きです。

2017kotan-last_1.jpg

そして今日は村長として最後の仕事、閉村式。2ヶ月間寒風にはためいていた村旗が降ろされ、わたくしの肩の荷も下りてホッとしています。今回良い仕上がりのものもあれば、改良が必要なもの、作り足りなかったものがあります。

言い換えれば、しかりべつ湖コタンにはまだまだ発展途上。
次回は更に進化を遂げたコタンを目指します。

最後にコタンにご協力頂いた全ての方に感謝します。そして、また来年!
shingo2017-0211.jpg

着火マン

毎晩「キャンドルナイト」が行われています。
然別湖コタンの一番奥に作られたアイスチャペル内で、18~21時までロウソクに火が灯る。
本物の炎の暖かな揺らめきがアイスチャペル内を一層幻想的にします。
ロウソクに火をつけてからしばらく見入ってしまう。
ただ、暖かな炎が踊る分、雪と氷で出来ているアイスチャペルは溶けるのが早い。
いつまで「キャンドルナイト」が出来るか、誰も分かりません。

huntouki20170226.jpg

シン・アイスホール

アイスコンサートホール&エントランスの屋根が出来ました。

高さ5m、全長26m。

鉄骨や木材等が入っていない、「正真正銘・雪と氷だけ」で作られています。

本物のアイスホールです。

重い雪のブロックを皆んなの力で一つ一つ積み上げて出来た芸術です。

huntouki20170112.jpg

閉村!

3月21日、春分の日をもちまして「2016 しかりべつ湖コタン」は閉村となりました。
今年も色々ありました。
雪が降らない、湖がなかなか凍らない、しかも2回も雨が降るなんてことは今まで無かったことです。

しかし、今年も沢山の方々の協力や奮闘のおかげで素晴らしいコタンが出来ました。
開けて今日はネイチャーセンター一同で閉村式を執り行い、村旗を降ろすと共に村長としての肩の荷が下りました。

そして、また来年へ・・・

DSC02563_ReSize.jpg

 | HOME |  »

いままでの訪問者数:
現在の閲覧者数:

プロフィール

しかりべつ湖

Author:しかりべつ湖
1980年からスタートした
北海道しかりべつ湖の氷上イベント
制作・運営のイロイロを紹介するブログです。
ボランティア参加も随時募集中!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる