しかりべつ湖コタン奮闘記!

≫2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2号棟完成?

DSC03099.jpg
開村して1週間が過ぎ、寒さが戻ってきました。しかりべつ湖コタンは開村してからも湖上に建物が増え続け、今日はアイスロッヂ2号棟がほぼ完成しました。キングサイズのベッドにゆったりチェアーを完備。くつろぎのアイスロッヂに仕上げてみました。外の寒気もロッヂの中にはいると少しはやわらぐ気が、僕はします。
スポンサーサイト

冬の森 コンサート

hoapiri.jpg
今日はフラのコンサート。

ホアピリフラスタジオ帯広の皆さんとKen5さんによる
華やかなコンサートが開催されました。
29201655.jpg

29202409(1).jpg

寒い中常夏の空気をありがとうございました。
29213308.jpg

チーム台湾

CA380079001.jpg
例年通りドタバタと開村を迎え、無事スタートいたしました。
今週は開村前に出来なかった所を仕上げてます。写真の場所はコンサートホールの控え室です。
台湾から来ている女の子達が仕上げてます。
現場では日本語と中国語と時々英語が飛び交ってます。
さて、上手くできるでしょうか。

開村!

ついに~ この日がやって来ました。
泣いても笑っても、夜7時には開村式です。

雪不足ながら、なんとか頑張って形に繋げてきたアイスバーや氷上露天風呂、そしてイグルー。

数時間後のセレモニーに向けて、急ピッチで仕上げていきます。

girls.jpg

氷のテーブルや椅子を作って・・・

ayaya.jpg

照明をつけて・・・

tanishingo.jpg

装飾用の透明氷を運んで・・・

あ~時間との勝負~
色々とハプニングの連続でスリル感のある作業でした。

そうこうしている間に、日は暮れて・・・
いよいよ開村式。なんとか間に合ったー

開村式といえば・・・

shingo_20110122200946.jpg
作業隊長による『開村宣言』

今年も恒例のスタイルで、登場!
観客一同どよめく

suesan.jpg
『しかりべつ湖コタン』村長が30周年の歴史を振り返り、開村のご挨拶

そして、

tani-chan.jpg

村旗を掲揚。
30周年を迎えるにあたり、3代目の村旗を新調!
閉村の3月31日まで青空の下、はためきます。

さあ、『しかりべつ湖コタン』スタートだ~

P.S イグルーやアイスバーはシーズン中も進化予定。
    お楽しみに!

パス・トス・パス

しかりべつ湖コタンは、とにかく手作り。
シャーベットを投げ渡し、それを受取り、氷と氷をくっつける。
この繰り返しで、全てを作っていきます。

しんごもも
ただ今アイスロッヂ制作中

単調な作業にも見えますが、結構受け取りやすいシャーベットを投げるのに工夫しているとハマるんです。

少女時代

あっちでもホイ! こっちでもホイ!
二人一組になってパス・パス・パス

ゆうすけ

取る方も大切なシャーベットを、大事に受け取ります。
キャッチミス・パスミスも、たまにあり
アイコンタクトの重要性を感じ、そしてまた投げる。

今年も登場、『氷上電話BOX』
NTT東日本の協力で昭和に活躍した電話が登場。

NTT

配線作業をし、そして氷の電話BOXもNTTの職員さん手作り。
多くの『しかりべつ湖コタン』を訪れた方に、氷上から全国のお友達や家族へメッセージをかけてもらいたいな~

職人

朝一番、作業の内容の確認と気合いの一声で作業開始です。

朝礼

今日は屋根作り、アイスロッジ、ブロック作り、アイスバーなど各ポジションに分かれて職人達が動き出します。

足場

見習い僕は職人達に助けられながら、なんとか屋根を作ってます。重たいブロックを一つ一つ屋根にくっつけるだけのシンプルな作業ながら、とても技術が必要な難しい作業なんですが、職人達はいとも簡単につけていくんです。


まだまだ修業が必要だと感じる毎日です。

夜はアイスバーの内装作り、40キロはあるだろう氷を積み上げ氷柱を立ち上げ、アイスバーのカウンターにさらに重たい氷を乗せたりと皆、力の限り頑張ってます。凸凹だった、氷を削り平らなテーブルにする技術はまさに職人。

バーカウンター

そして1日の作業も終わり、職人は帰って行きます。
職人達が造り上げる[しかりべつ湖コタン]まであと4日、coming soon ... 。

しんご

夜間作業突入

またもや風の強い然別湖。
風がどうあれ、作業の手は止まらない・・・
先日作ったブロックを、強風で吹きだまった中から掘り起こしています。

湖上

結構、地味な筋トレのようで、太ももの裏に効きます。

でも、
ガールズ

みんな元気、特にガールズ

氷上露天風呂の制作が始まりました。
まずは、脱衣所から作ろう。
脱衣所も、もちろん氷で作りますよ。
途中喜び

衣服を脱ぐ時に少しの勇気がいる脱衣所。
脱衣所の中は風をしのげて快適。
でも、外側は風びゅーびゅーで大変。

そんな時、心待ちにするのが『お茶の時間』
今日のお茶菓子は、な なんと

いちご

”イチゴ ”
みんな、どよめきましたよ~
これは、元ボランティアさんの差し入れ。 ありがたい~

労働中の身体に甘みと酸味が、身体に心地よく「最高のおやつだ~」と歓声があがり

ちゃーりーもも

しばし、イチゴの味に酔いしれ、みんな一心不乱に無言でパクパク
身体に染みわたる~ ビタミンC~
送ってくれたGっさんアリガトウ!

で、滋養をつけたら

今晩から夜間作業に突入

ごあtj
昼間の間に用意しておいた氷を

夜間作業で氷柱に仕上げていきます。
分担し流れ作業で、てきぱきと透明な氷を積んでいきます。

氷柱積み

また一方では、屋根があがった内部をキレイに整えていき、これはちょっとした左官作業・・・
この地味な作業、結構好き。

夜間作業

そして、夜は更けていきました・・・

夜間作業、開村の日までつづく・・・かな

SPEED なんという早さでしょう!

日の出と共に家を出て・・・
01.jpg

動き続ける僕たち。
00_20110115001424.jpg

少しづつ姿を現していくことが嬉しい。
楽しい。
03_20110115001817.jpg

シャーベッター・クィーン「みな」に育てられた僕は、
ホールの屋根をあげさせてもらいました。
できばえはどうぞ実際に見に来てくださいね。
042.jpg

そうそう
屋根上げの仕上げはボランティアさんのお仕事。
二人一組で頑張った屋根の最後は、ひたすらシャーベットを投げてくれたボランティアさんに感謝を込めて
仕上げの名誉をプレゼント?
0502.jpg
コンサートホールの屋根は台湾から来た日本名「カオル」のお手柄。

012.jpg
コンサートホール背面はおなじく台湾からの「ケン」の仕上げでした。
シャーベットを渡しているのはこれまた台湾からの「ヨシダ」です。

07.jpg
今年は台湾パワーがコタンを力強く支えてくれています。
もちろん日本のみなさんも元気に作業中!
国際色豊かな作業現場です。

3年ぶりに作業復活!
こちらはいきなりパワフルに壁をあげるニノ。
010.jpg

幅30センチの雪の壁。
高さは約4mの地点。
ブランクを感じさせない技が光ります。
08-02.jpg


作業もだんだん猛烈にパワーアップ!
たぶん作業を見ていても飽きないくらい早い展開。
奮闘記のチェックもお忘れなく!

いよいよ明日から湖上での風呂の屋根上げなども始まります。
あ・・・
014.jpg
ついに夜の作業→夜間作業も始まるみたい。


がんばるぞー

氷を探して

2011年1月13日

北海道に寒気到来でしばれる毎日。
湖の氷も順調に成長してくれている様子。
という訳で、今日切り出してみました。
ごあ

先日の強風が雪を飛ばし、寒気が作り出した氷はキレイですね~
約25cmの厚みと言ったところでしょうか。
でも、岸近くの厚い部分なので湖全体がこの厚みではないのですが・・・
アイスバーやコンサートホールの内装に使う為、ガンガン切り出し始めました。

高附&シュボン

台湾から来た、シュボンくんを相方に内装作業に励む?じゃいあん。
色々な日本語を教え?ながら。
はたで聞いていると、2人で漫才しているようにも聞こえます。

ブロックリレー
こちら、名物の『ブロックリレー』

バケツリレーの要領で、これが一番便利でブロックに優しい運び方。
「メイクライン」と掛け声がかかれば、さっとみんな条件反射のように一列に並びます。
女子にとっては結構キツイ作業だけど、腰の回転が多い動きだから「腰が細くなる!」と信じて頑張る。

昨日は、ボランティアのマキちゃんが任期終了で然別湖から旅立ちました。
仲間が然別湖から去る日は、みんなでお見送り。
これも、しかりべつ湖コタンの恒例儀式。

林&みな

コタン作業で身につけた筋肉を維持してね~
また来てね~

バス見送り

目標達成

2011 1月 11日

みんなで朝の朝礼をしてから作業かいし
今日の仕事での目標はコンテナに詰めて固めたブロックを午前中に400個も作ってと言うことで
10人くらいで作業をした
ブロック100を作るのに時間で40分くらいだった
PAP_0009.jpg


その時はみんなが一生懸命頑張ったおかげで目標が達成できた
PAP_0008.jpg


午後はみんなでコンサートホールの屋根準備をしました。
木の枠を壊さない様に持ち上げてセットし、またそこにブロックを乗せてシャーベットでかためた

PAP_0007.jpg

そうして次の日にはコンサートホールの屋根が半分ほど出来、気付けば辺りは暗くなっていました

PAP_0006.jpg


明日もお仕事頑張るぞ~

今日も頑張った!!

2011年1月11日

昨日に引き続き、今日もアイスバーの屋根上げです。

今日も頑張るサイトーさん。
もうすぐ屋根が塞がります。
4

傍らでは、「明日のために、その一」ゴアさんがと重機班がハンチクと格闘中。
3

そして、マッツも大詰めです。
今日も相方のシャーベッター・クィーン、ミナちゃんの目が光ります。
6

夕方には、無事に屋根が完成。落ち着いて眺めてみると、デカイです。
これから、あの手この手で凝った内装が行われます。
全貌は、開村後のお楽しみ。

明日からは、コンサートホールだ~!!

棟上げ

2011年1月8日

本日、快晴なり。しかも、強風。
湖上を舞う雪煙は龍の様にも見えます。

2日間かけて、鹿追町のおじちゃん・おばちゃん達が作ってくれた氷のブロックは

block_20110108131302.jpg

なんと1550個! スゴーイ!

今日は、このブロックを使って屋根を作ります。
煉瓦積みの要領で、1個1個手積み。
ブロックを積む人、ブロックとブロックの接着剤となるシャーベットを積む人に手渡す人(通称:シャーベッター)。このコンビネーションの善し悪しで、作業の進行具合が変わってきます。

mattumina.jpg

右のミナちゃんはシャーベッター・クィーン。
反応の早さと、タイミング、コントロールは抜群です。
左のまっつは、積み手の修行中。彼の目下の目標は
「ミナちゃんをぎゃふんと言わせるようなスピーディーなブロック積み!」
だそうで・・・でも、求められるのは『スピーディー且つ頑丈に美しく積む』事なのです。
目標達成の道のりは険しそう。

そんなこんなで
shingo_20110108132732.jpg

屋根の一部は完成間近

さらにガンガン積んでいきます。
サイトーさんは氷切り出し職人ですが、湖の氷が厚く成長するまでは、積み手に専念。

saito-san_20110108133826.jpg

で、午前中の間に目標の半分までの部分が積み上がりました~
寒い日は水を大量に使う屋根上げ(棟上げ)の作業中、気温との差で蒸気がたち、見た目ほかほか湯気の立ちのぼる屋根となります。
この日は、強風の為その光景が写真に撮れず・・・

そうぞう以上にハードな作業なので、エネルギー消費が半端じゃない。
みんな、作業途中で自分のエネルギーがガス欠状態に陥ることも
そんな時のエネルギー補給の救世主

ame.jpg
アメちゃん

冬の間、みんなで飴を持ち寄ります。なので、この時期市場に出回る飴はたいてい味わうことに。
人気・不人気も分かれるし、湯水のごとくあっという間に消費させてしまいます。

今日もアメちゃんを舐めながら、屋根上げに奮闘中


再始動

2011年1月5日

再びコタン作業が動き出しました。
1月3日に全面結氷し、降雪も寒さもほどほどにあり、6日からはアイスバーやコンサートホールの外壁や屋根部分に使われる、白い氷のブロックを作っています。
mina.jpg
屋根や壁は強度も見た目も考えて、湖上に降り積もった真っ白い雪と、透明な湖水にこだわっています。なので、結氷と同時に氷上でバージンスノーを集めて作るのです。今年の雪もキレイ!
ベテランのミナちゃんはスコップ裁きも華麗で、男性陣に負けていません。

shibon.jpg

今日から初参戦のシボンくん。
こういった作業は初めてとあって、スコップと雪やシャーベットと悪戦苦闘中。
多分、今晩から筋肉痛とも闘うはめになるかも・・・ 
でも、すぐに体がなれるよ。ガンバレ!!

santena-gaeshi.jpg

先月から、コンテナに詰めたシャーベットの型抜きに挑戦中のユウスケ。
なんとかリズミカルに型から抜けるようになったような・・・運んできたスタッフに不安そうに見守られています。

blocks.jpg

鹿追町から手伝いに来てくれた、おじちゃん・おばちゃんたちと共にガンガン作っていきますよ。
今日の制作ブロックの目標は1200個。達成なるか?!

一方では
shingo.jpg

アイスバーの梁を作って、明日からの屋根上げ(棟上げ)の準備をしています。
こちらは結構、細かい計算をしながらパズルを組み上げて行くような繊細かつ豪快な作業。
数字や計算が得意で、尚かつ力自慢のスタッフが少数精鋭で奮闘中。

saito-san.jpg
氷で建設する時も水平器は必需品。
骨組みは入っていなく、雪と氷と水だけで作るアイスバーも住宅を建てるように作業を進めていきます。
今日は気温はマイナス10℃前後とあって、作業がはかどるわ~
みんな、頭から湯気を出しながら奮闘しております。

 | HOME | 

いままでの訪問者数:
現在の閲覧者数:

プロフィール

しかりべつ湖

Author:しかりべつ湖
1980年からスタートした
北海道しかりべつ湖の氷上イベント
制作・運営のイロイロを紹介するブログです。
ボランティア参加も随時募集中!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。