しかりべつ湖コタン奮闘記!

≫2012年03月

皆で一生懸命造った然別湖コタン。  
NCM_0105.jpg

最初はこんな感じで湖にあがるのもおっかなびっくり。
NCM_0138.jpg

今年もいろいろな苦労と喜びと感動を味わいました。
そして、今日で閉村を迎えます。
NCM_0194.jpg

綺麗な水や氷、然別湖の自然にまた戻っていきます。
NCM_0113.jpg

自然を汚さないイベントとして、造った者達できちんと片付けていきます。
NCM_0206.jpg

そして来年また新たな姿で開村し皆さんに感動して頂けるように、
一生懸命造りあげます。

来年も乞うご期待!!
スポンサーサイト

会議中!!

コタンも残すところ後3日。
夕方の一コマは、連日こんな感じ
最後の最後までお客様に楽しんで貰うために、管理作業の会議中。

「明日は暖かいね~。」

「あそこのイグルーは全然大丈夫だから…」

「列柱の補修が…」

今年は充分な寒さが続いているので、会議の雰囲気もこんなに和やか。

このまま和やかなまま、閉村まが迎えられますように。

111

春とコタンとティラミスと

マッツが急用で札幌に行き
定番のティラミスを買ってきました

R0010397.jpg

あと一週間これをくって乗り切れということらしいです。

しっかり働けゆうすけ

ちなみに僕はまだくってませんよ

気になります!

3月中旬になると日中の気温は±0℃前後である。

気温がプラスになれば当然雪や氷は解け、コタンにとっては悪天候ということです。

アイスバー内は常に-3℃~-5℃ですが、日中は冷たい空気が外に逃げないようにドアを閉め、
夜は逆にドア全開、更に換気扇で冷たい空気がどんどん入るようにします。

DSC05355.jpg

この先の2週間は一日一日、天気や気温が今まで以上に気になります。


頑張ってる人

419555_260712234010967_100002165770321_560822_395022917_n.jpg

三月も中盤になりました。
ここ数日、暖かい日が続いていて春を感じます。
例年通りなんですが、この時期の暖かい数日をどう乗り切るかが今後にかかってます。
作業もかなり地味です。
融けて薄くなった壁や屋根をひたすらふかす。
斜めになった階段を平に直す。
水の浮いている所に雪を入れて歩きやすくします。
これから、コタンに来られる方は是非、この苦労を見て下さい。

写真の人は来年に向けて苦労が始まっています。

遊びにきてね!

今日も十勝晴れの然別湖です。

IMG_8734.jpg

湖上には地元の学校の生徒さん達が作ってくれたイグルー、修学旅行の生徒さん達がつくってくれた雪像も
たくさん建ち並んでいます。

IMG_8740.jpg

賑やかになりました。

そんな湖上の一角で毎日、スノーモービルも営業中ですよ~!

IMG_8736.jpg

自分で運転する「1人乗りコース」
スタッフの後ろに乗ってらくちんな「スタッフおまかせコース」

日に焼けたガイドがお待ちしております!

時間の芸術

以前、鹿追中学校の生徒達がイグルー作り体験をしていった時、イグルーの上に雪だるまを残して行きました。

あれから、約1ヶ月。

ふんとうき

雪だるまは、だんだんと暖かさを増す日光にさらされ、時には強烈に吹き抜ける風に立ち向かい、こんな形になって残っています。

たぶん、僕達では作れない造形。
時間が作るコタンの形がこんなところにもあります。

 | HOME | 

いままでの訪問者数:
現在の閲覧者数:

プロフィール

しかりべつ湖

Author:しかりべつ湖
1980年からスタートした
北海道しかりべつ湖の氷上イベント
制作・運営のイロイロを紹介するブログです。
ボランティア参加も随時募集中!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる