しかりべつ湖コタン奮闘記!

北海道しかりべつ湖に冬だけ現れる幻の村『しかりべつ湖コタン』。美しいイグルーと自然景観をお楽しみいただけます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超スーパー俺たち(^^)v

2015年もあと僅か。
30日も僕らはコタンの建設作業。
ちなみに湖はまだ凍っていません。
かつて、ゆく年来る年でコタンが取り上げられた年に結氷が遅かったという情報もありますが、記録には残っていません。

今日はコタン建設経験10年超のスタッフ+ボランティアの合計8名の作業。

アイスファクトリー(上の写真)の屋根あげ作業です。
ほとんどノンストップで作業。
人が少ないので全員全力作業です。なので、最初の作業写真はもう日の落ちる頃になってしまいました。

ひたすら雪のブロックを重ねてゆく『屋根を上げ』を続けて、ふっと顔を上げた時に見えたしかりべつ湖は、ものすごくキレイで見とれてしまいます。

ブロックを積み上げては運び込み、ひたすら作業は続きます。
屋根上げは一人では難しく、シャーベッターと呼ぶスタッフと2人ひと組で作業する事が多いです。

今日の相方は林さん。的確に積み手が欲しいと思うシャーベット(雪を水で溶いたもの)をバンバン投げてくれるスゴイ人です。

そんな力の後押しもあって、みんなの力でドンドン屋根が上がっていきます。
日が落ちてすぐに、アイスファクトリーの屋根が上がりました。
中央スパンを最後にあげたのはボランティアのタケト。

お疲れ様でしたっ!
そして、北側スパンを上げたのは、しんご村長。


屋根上がりたてホヤホヤの新鮮なイグルーです。しかりべつ湖の寒気に守られながら、このまま3月の春分の日まで残り続けます。
ようやく屋根も上がり、仕事を納められた僕らです。
今夜はよく冷えています。
なかなか凍らなかった湖にも氷が張るでしょう。
美しい冬の星座の下、氷が成長する時に聞こえるズキューン!という音が森にこだましています。

2016年の奮闘にもご期待ください。
それでは、
良い年をお迎えください。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kotan1980.blog18.fc2.com/tb.php/276-f356a0ea

 | HOME | 

いままでの訪問者数:
現在の閲覧者数:

プロフィール

しかりべつ湖

Author:しかりべつ湖
1980年からスタートした
北海道しかりべつ湖の氷上イベント
制作・運営のイロイロを紹介するブログです。
ボランティア参加も随時募集中!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。